top of page

「御金荷の道」ウォークin江戸・東京(12月9日)

 9月から佐渡、出雲崎、群馬県安中市で開催してきた「御金荷の道ウォーク」の完結編となる江戸・東京開催が12月9日開催されました。江戸時代の参加者約90人は東京・板橋区役所前をスタートし、旧中山道に沿ってゴールの日本橋を目指し11キロの道のりを練り歩きました。


 「御金荷の道ウォーク」は「金の道」沿線地域との交流促進を目的に佐渡市が主催。2024年「佐渡島の金山」の世界文化遺産登録の機運醸成も兼ねて実施。2024年1月29日には有楽町・交通会館で「金の道フォーラム」が開催されます。







Comments


bottom of page