top of page

「金の道」は佐渡島の金銀を江戸まで運ぶ経済的なルートです。相川―小木、そして海路を挟み、出雲崎港に陸揚げされてからは主要ルートである北国街道、追分宿(現在の軽井沢)から中山道を経て最終地江戸日本橋までを結んだ道を「金の道」と呼びます。世界遺産登録を目指す佐渡島の金山は江戸幕府の財政を支え、1774年(安政3年)には「馬150頭が金銀2百箱」を運んだという記録も残っています。金の道」は佐渡島の金銀を江戸まで運ぶ経済的なルートです。相川―小木、そして海路を挟み、出雲崎港に陸揚げされてからは主要ルートである北国街道、追分宿(現在の軽井沢)から中山道を経て最終地江戸日本橋までを結んだ道を「金の道」と呼びます。

御金荷の道

お知らせ

2024-00-00

新着NEWS、お知らせなどの文章が入ります。

2024-00-00

新着NEWS、お知らせなどの文章が入ります。

2024-00-00

新着NEWS、お知らせなどの文章が入ります。

日本地図_4x.png

「金の道」は佐渡島の金銀を江戸まで運ぶ経済的なルートです。相川―小木、そして海路を挟み、出雲崎港に陸揚げされてからは主要ルートである北国街道、追分宿(現在の軽井沢)から中山道を経て最終地江戸日本橋までを結んだ道を「金の道」と呼びます。世界遺産登録を目指す佐渡島の金山は江戸幕府の財政を支え、1774年(安政3年)には「馬150頭が金銀2百箱」を運んだという記録も残っています。「金の道」は佐渡島の金銀を江戸まで運ぶ経済的なルートです。相川―小木、そして海路を挟み、出雲崎港に陸揚げされてからは主要ルートである北国街道、追分宿(現在の軽井沢)から中山道を経て最終地江戸日本橋までを結んだ道を「金の道」と呼びます。世界遺産登録を目指す佐渡島の金山は江戸幕府の財政を支え、1774年(安政3年)には「馬150頭が金銀2百箱」を運んだという記録も残っています。

「金の道」は佐渡島の金銀を江戸まで運ぶ経済的なルートです。相川―小木、そして海路を挟み、出雲崎港に陸揚げされてからは主要ルートである北国街道、追分宿(現在の軽井沢)から中山道を経て最終地江戸日本橋までを結んだ道を「金の道」と呼びます。世界遺産登録を目指す佐渡島の金山は江戸幕府の財政を支え、1774年(安政3年)には「馬150頭が金銀2百箱」を運んだという記録も残っています。

アセット 6_4x.png
アセット 6_4x.png
アセット 6_4x.png

「金の道」は佐渡島の金銀を江戸まで運ぶ経済的なルートです。相川―小木、そして海路を挟み、出雲崎港に陸揚げされてからは主要ルートである北国街道、追分宿(現在の軽井沢)から中山道を経て最終地江戸日本橋までを結んだ道を「金の道」と呼びます。世界遺産登録を目指す佐渡島の金山は江戸幕府の財政を支え、1774年(安政3年)には「馬150頭が金銀2百箱」を運んだという記録も残っています。

金の道

宿 場 町 紹 介

アセット 5_4x.png
金の道ウオーク_s.jpg

新潟県

松井田支所.jpg
御金荷の道写真差し替え_s.jpg

佐渡市

1202-1_4x.png
江戸・東京1.jpg

長野県

アセット 5_4x.png
金の道ウオーク_s.jpg

群馬県

松井田支所.jpg
御金荷の道写真差し替え_s.jpg

埼玉県

1202-1_4x.png
江戸・東京1.jpg

東京都

bottom of page